中国で1万人デモ、政府庁舎に乱入 王子製

中国江蘇省南通市にある日本の製紙大手・王子製紙の工場から出る排水が、環境汚染を引き起こす恐れがあるとして、住民1万人以上が28日、抗議デモを行った. 住民は地元政府庁舎に乱入して施設や車両を破壊. 政府批判を叫びながら警察に投石するなど、大規模な暴動になった. デモを起こしたのは、上海に隣接した黄海沿いの南通市啓東の住民. 南通市政府が約100キロ内陸にある工業団地に王子製紙などを誘致する際、海に面した啓東まで排水パイプラインでつなぎ、放水できるようにすると約束していた. これに対し、住民の間で、排水には発がん性物質が含まれ、漁場の海が汚染されて健康被害が出るなどとうわさが広がっていた. デモ隊は地元政府への抗議に加え、「王子(製品)をボイコットしろ」などと主張. 一部が政府庁舎内に入り、暴徒化すると、地元政府は「排水事業を中止する」と宣言. 夕方までに警官隊がデモ隊を追い出したが、その際、もみ合いとなり、少なくとも数十人が負傷した.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>