夢みたいな計画?ナイキ エアジョーダン1」期待再燃 海峡道路構想復

野口陽、桑原紀彦】事実上凍結されてきた「海峡横断プロジェクト」への期待が、国土強靱(きょうじん)化を掲げる安倍政権下で再び高まり始めた. 「もともと夢みたいな計画」(国土交通省関係者)が、実現に向かうのか. 福岡県の6年ぶりの調査再開に、期待の声が地元で上がる一方、国民負担のさらなる増加を懸念する声もある. 海峡道路構想、復活の動き 「うれしい. こんなに早く動き出すとは驚いた」. 北九州市と山口県下関市を結ぶ「関門海峡道路」の調査を再開する福岡県の方針に、自民の縣(あがた)善彦・同県議(北九州市八幡西区)は喜びを隠さない. 6月県議会で、関門トンネルの交通量は開通当時の17倍(2007年度)に増えており、大規模災害で関門橋とともに遮断されれば被害は甚大だ――と、構想の再開を要望した. 関門海峡道路をめぐっては、福岡、山口両県の経済団体などが1998年に実現をめざす協議会を設立. 2000年に具体的ルートなどの構想を発表した建設省(当時)も、建設による経済効果を強調していた. その後、事実上の凍結を経て関係者は、経済効果だけでなく国土強靱化を強調する. ルートの両岸は安倍晋三首相、麻生太郎副総理の地元. 今こそ再始動を訴える好機だと、縣氏はみる. 「県が調査を再開すれば、調査を止めている国の背中を押すことができる.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>