戦後の軽飛行機を修復 一般公開を検討 東

辻健治】戦後初の国産軽飛行機とされる「立飛(たちひ)R―52」の改良型で1953(昭和28)年製造のR―53(全長7・5メートル)と、フランス人技師の設計で54年製造の「R―HM」(5・8メートル)が修復され、17日、東京都立川市の立飛ホールディングス(HD)で報道陣に公開された. 両機は実際に飛ぶことはできないが、一般公開を検討中だ. 製造したのは、日本陸軍の戦闘機「隼(はやぶさ)」などの製造を担った立川飛行機の後身の「新立川航空機」だ. 同社の倉庫に眠っていたのを、今年2月から修復が進められた. ugg クラシックミニ 両機とも2人乗りで1機だけ製造された. R―53は英国製エンジンを搭載し、上空約4500メートルまで飛行できた. 学生団体に貸し出され、日本一周飛行を達成した. 耐空性の高さを示したが、購入者はなかった.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>