春のASCIIフェス”と”よつばと10年

3月8日~20日にかけて開催予定の展覧会”よつばと10年1日展”と、3月19日に開催予定のイベント”春のASCIIフェスwith電撃”の開催中止が決定した. どちらも3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響によるもの. なお、3月11日の”よつばと10年1日展”来場者には、チケット料金の払い戻しが行われる. 詳しくは “よつばと10年1日展”開催中止のお知らせ で確認してもらいたい. 東日本大震災を受けて設置された福島県の災害対策本部が、震災から6日間の計33回の会議について、出席者の発言を記録する会議録を作成していなかったことが、県への取材でわかった. 大震災では、政府が設置した原子力災害対策本部など10会議で議事録が作成されていなかったことが明らかになっている. 福島県の災害対策本部は震災当日の昨年3月11日に設置された. 本部長の佐藤雄平知事をはじめ、副知事ら幹部、政府関係者らが出席し、今年1月30日まで計247回開かれている. 震災直後は、東京電力福島第一原発事故に伴う住民の避難などをめぐり、ほぼ1、2時間おきに会議が開かれていた. 県によると、このうち昨年3月11~16日の33回分は協議内容の項目だけが残され、出席者の発言は記録していなかった. 原発事故で一連の爆発が終わったあとの同月17日からは会議録が作成された. 会議は当初から報道陣にも公開されている. 県災害対策本部は「会議録の必要性は認識していたが、連続する会議の記録作成には4、5人以上の職員をはりつける必要がある. 当時は住民の避難、救出を優先し、手が回らなかった」と説明している. (林義則).

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>