爪に優しいマニキュア、原料はホタテ 絵の

洲之内智】京都で約260年、日本画用の絵の具を作り続ける上羽絵惣(うえばえそう). こだわりの手作業が画家に支持されてきたが、近年は経営危機に直面していた. 窮地を救ったのは、ホタテの貝殻から作る日本画の顔料「胡粉(ごふん)」を使ったマニキュアだった. 爪に優しいと、多くの女性から人気を集めている. 京都の老舗の商店などが並ぶ京都市下京区燈籠町. 「繪(え)惣」と書いた木の看板を掲げた木造2階建ての町家が上羽絵惣の社屋だ. 1751(宝暦元)年の創業以来、ずっとこの地で絵の具屋を営んできたという. 店内で、従業員が女性客に「胡粉ネイル」を紹介していた. シンナー系の有機溶剤を使わないため、マニキュア特有の刺激臭が無く、消毒用アルコールで落とせるのが特長だ.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>