色気捨て、勝ち点つかむ 男子サッカー

勝つべくして勝った――. ただ、そのニュアンスは、周到に相手を分析し、用意した対策を当てはめたスペイン戦とは異なる. 自身の状況、相手の力、試合の流れ. 刻々と変化する90分間を肌で感じつつ、手を打っていった先に勝ち点3があった. 前半6分に冷や汗もののピンチを招く. ミスからアムラバトの突進を許した. モロッコの強さは予想以上. 関塚監督は「技術の高さ、組織としてボールの動かし方などの面で相手に慣れるのに時間がかかった」と振り返った. 立ち上がりの攻勢を受けてからじわじわとリズムをつかむ展開は後半も同じ. ラマダン(断食月)の影響もあったのか、相手の動きが後半15分で止まると、日本は本来のショートパスが回り始めた.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>