連合、政権に不信感 給与減先行、協約締結

野田政権が国家公務員給与を引き下げる法案の成立を優先したことに、連合の不信感が募っている. 連合は、給与や勤務条件を労使交渉で決める協約締結権を回復する法案の成立を求めているが、今国会成立の見通しがないうえ、政権がさらなる公務員給与削減を検討する構えであるためだ. 「給与削減の法案は成立した. 残る法案を連合が重要だと考えていることは承知されていると思うが、何としても今国会での成立を期してほしい」 連合の古賀伸明会長は3日、野田佳彦首相と東京都内の日本料理店で昼食を共にした際、協約締結権回復の法案の早期成立を迫った. 首相は「重く受け止める」と述べるにとどめた.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>