遠藤、ようやく初日 左足首のけがとも戦う

競馬の第74回菊花賞は20日、京都競馬場の芝3000メートルに3歳馬18頭が出走して行われ、単勝1番人気のエピファネイアが優勝した. 皐月賞、ダービーとも2着だった馬が3冠レース最後の菊花賞を制したのは1993年のビワハヤヒデ以来史上5頭目. 手綱を取った福永祐一騎手(36)は3冠レース初優勝だった. 13日、大相撲九州場所4日目) 幕内2場所目のホープ、遠藤が、ようやく今場所の初白星を挙げた. 「思ったより早く初日が出たと思う」と話した. 初顔の時天空に2度つっかけられた後の3度目の立ち合いだった. 相手に右から顔を張られたが、冷静に対応し、腰を下ろして前に出た. 「張られることも想定していたので、何とか耐えることができました. 落ち着いてとれた」. 右ほおは少し赤くなっていた. 先場所途中に左足首を痛めた. 現在も完治せず、本来の力が出せずに苦しんでいる. 「勉強しながら、我慢してやっていこうと思う」. 流れが変わりそうな白星だったが、「まだ先が長いので」. 23歳は気持ちを引き締めていた.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>