地獄へ連れ去られた恋人を救え! 『Sha

エレクトロニック・アーツは、PS3/Xbox 360用ソフト『Shadows of the DAMNED(シャドウ オブ ザ ダムド)』を明日9月22日に発売する. 価格は各7,665円(税込). 本作は、デーモンハンターを生業とする主人公、ガルシア・ホットスパーとなって、地獄へ連れ去られた恋人ポーラを救う旅に出るA・AVG. 開発は、須田剛一氏率いるグラスホッパー・マニファクチュアが行っており、クリエイティブプロデューサーに『バイオハザード』シリーズで知られる三上真司さん、サウンドディレクターに『サイレントヒル』シリーズでおなじみの山岡晃さんを迎え、独創的な世界観を構築している. 最大の特徴は、光と闇という概念をベースにした独自システム”ダークネス・コア・ゲームプレイ・メカニズム”. プレイヤーは、相棒である元悪魔、ドクロのジョンソンが変形した武器”トーチ”やステージ内に配されているランプなどのギミックを使って、敵である悪魔たちを包み込む闇のベールを剥ぎ取り、さまざまに変形しアップデートできるガンで彼らを葬り去りながら地獄を進んで行くことになる. →ゲーム画像を見たい人はソフトカタログをチェック.

ダンガンロンパ』のEDテーマは主役を演じ

スパイクは、11月25日に発売するPSP用ソフト『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(以下、ダンガンロンパ)』のエンディングテーマに、声優・緒方恵美さんの新曲『再生 -rebuild-』を起用する. 『ダンガンロンパ』は、推理アドベンチャーとアクションを掛け合わせた”ハイスピード推理アクションゲーム”. 殺人事件の真相を暴くため、議論の場である学級裁判の議論中に、飛び交う生徒たちの主張から矛盾点を見出し、捜査で集めてきた証言や証拠を使って論破していく. エンディングテーマ『再生 -rebuild-』を歌う緒方さんは、本作の主人公・苗木誠を演じている. 公式サイト では、緒方恵美さんからのコメントを確認することができる. 楽曲の試聴も可能なので、ぜひアクセスしておこう. 体験版の配信や店頭体験会など、積極的なプロモーション展開を続けている『ダンガンロンパ』. 公式サイトでは、学園長・モノクマの本性判断や開発者ブログなどを配信中だ.

NVIDIAナイキ エアフォース1のキーパーソンに聞く、今後注

コンソールやPCメーカーに、Tegra3で開発をしてもらうようにリクルートしているところ 2012年1月10日~13日、世界最大規模の家電見本市2012 International CESが、アメリカ・ラスベガスにて開催. ハードメーカーとグラフィックチップを共同開発するなど、ゲーム業界にとって欠かせない存在となっているNVIDIA. CESにあわせて行われたプレスカンファレンスでは、スマートフォンやタブレット端末に最適化したチップTegra3を発表して話題を集めたのはご存じの通り( ⇒記事はこちら ). そんなNVIDIAの今後の戦略は? 会期中にNVIDIAのコンテンツ アンド テクノロジー事業本部 グローバル コンテンツ マネージメント部 部長 飯田慶太氏にインタビューをする機会を得た. 飯田氏は、ただいまNVIDIA本社(米国)にて、グローバルでゲームプラットフォームを担当している. ――NVIDIAがいまもっとも注力していることはどのような点になりますか? 飯田 これからの期待という意味ではふたつあります. ひとつはオンラインゲーム. ソーシャルやフリー・トゥ・プレイ、MMOを含めて、中国や韓国でまだまだ市場が伸びています. いまのNVIDIAでは、グラフィックプロセッサであるGeForceビジネスでは、売上の3割くらいが中国市場になっています. といいますのも、中国では家庭用ゲーム機の基盤があまりないので、ゲームを遊ぶ場合はパソコンになるんですね. もうひとつは海賊版の問題があります. 中国のゲームユーザーも当然のことパッケージ用ソフトを遊ぶのですが、どうしても海賊版がネックになってきます. そうなると、オンラインのフリー・トゥ・プレイで課金というビジネスのほうがビジネスとして成立しやすいのです. 中国では、「少しくらいお金を払えばこれだけのすばらしいものがもらえる」ということでビジネスとして成立していまして、マーケット規模はものすごい勢いで成長しています. そういった中国の成長も含め、2013年には、グローバルでのゲームの売上で、PCがコンソールを追い越すという数字が見通しとして出ています. ――来年にはそんなことが? 飯田 なぜかと言いますと、いまの世代の家庭用ゲーム機の基盤はちょうどサイクルの終盤に差し掛かっていると思います. 中国、インド、ブラジルといったいま急成長している国を見ると、すべてパソコンでゲームを遊んでいます. どうしても、いまの世の中は、ソーシャルゲームに代表されるように、いっしょに遊びたい、いっしょに対戦したい、というニーズが強いのですが、それを考えるとどうしてもパソコンが最適になります. そういう背景もあって、GeForceに力を入れていきたいです. 中国のデベロッパーもUnreal Engine 3などといった次世代のエンジンを使いながら、かなりハイクオリティーのゲームを作っています. ――なるほど. オンラインゲームの隆盛により、PC向けゲームが有望ということですね. 飯田 はい、もうひとつがTegra. そこでおもしろいのが、とくに日本のメーカーにとってポイントとなると思うのですが、Tegraの処理能力を見るといまのコンソールに近い性能があるのです. ということは、ハードの性能をギリギリまで駆使したソフトだときびしいのですが、PlayStation NetworkやXbox LIVE アーケード向けゲームならば問題なくTegraに持ってこれます. 最近では、ひとつのプラットフォーム専用にゲーム開発をするのはコスト的に不可能になっています. たとえば、今後はプレイステーション3とPS Vita向けにソフトを開発するという例も出てくるかと思いますが、PS VitaとTegra3は性能的に近いのですね. であるならば、PS VitaといっしょにAndroid端末向けに作ってみようと判断しても、少しもおかしくないのです. Android端末向けに、あまりフィーチャーを削らずにPS Vitaのソフトを移植できるのであれば、こんなにおいしいことはないと、だんだん考えてきていると思います. さらに、PlayStation Network向けタイトルを数億人の規模を持つAndroidマーケットに持ってきても、おもしろいのではないかと思っています. とくに、フリー・トゥ・プレイにビジネスモデルを変えてやろうとするメーカーさんが増えていますので、そういったメーカーさんに対しては、Tegra3は魅力的なプロセッサになるのではないでしょうか. やはりプラットフォームは魅力的なコンテンツありきです. そういった意味では、コンソールやPCメーカーに、Tegra3で開発をしてもらうようにリクルートしているところでもあります(笑). ――ある意味で、スマートフォンから最先端のPCまでをフォローする戦略ということですね? 飯田 基本的には、NVIDIAは、ピクセルがあるもので、グラフィックスの処理が必要とされているものにノウハウを持っていきたいという発想はありますね. たとえばクルマだとか. その上で、どこの市場のTegraやGeforceを投入するかと考えた場合、まずは市場規模、もうひとつが、我々がそこに製品を持って行って、ユーザーの皆さんにメリットがあるかどうかを考えます. あまり処理能力が必要でないところだと意味がありません. 我々としてのフォーカスは、携帯、パソコンと、オートモティブ、あとはCAD、スーパーコンピューティングなどがあります. ――プレスカンファレンスでは、「スーパーフォンからスーパーカーまで」と謳っていましたが、とくに方向性のようなものはありますか? 飯田 それはとてもシンプルで、それぞれの分野に合わせて独自の開発をしているわけではなくて、ひとつの開発手法をそれぞれ応用しているということですね. やっていることはいっしょなんです. さらに踏み込んでいうと、どの分野の技術も最適化しているのですが、それは各分野のパートナーさんとの強力なリレーションシップがあるからです. それを我々は”エコシステム”と呼んでいるのですが、投資をミニマムにして応用するだけでなくて、強力な関係によって技術を最適化する. そこの強みは、絶対にほかには負けないと自負しています. ――パートナーシップには自信を持っているということですね. 飯田 はい. さらに、NVIDIAはチップ会社だと思われがちですが、じつは社内ではハードウェアに携わるスタッフよりも、ソフトのエンジニアのほうが圧倒的に数が多いのです. ただ単に、ソニーさんやマイクロソフトさんや、アウディさんにチップを渡して、「はいどうぞ」と終わらせるだけではもう話にならない. とくにほかミドルウェア会社さんと協力しながら、しっかりとしたプラットフォームを構築しているのです. 各メーカーさんが心置きなく開発に取り組めるような万全な体制を整えたいと思っています. 会場に出展されていたTegra3. さて、昨今家庭用ゲーム機のウワサが取り上げられることが多くなったが、話題は勢い次世代機の話に. 「2013年には家庭用ゲーム機よりもPC市場のほうが大きくなる」との飯田氏のコメントにあわせて、今後のPCと家庭用ゲーム機、さらにはスマートフォン&タブレット端末の趨勢を聞いてみたところ、「BRICsの国々におけるPCゲーミング同様に、爆発的なモバイルの普及はゲーム開発社やソフトメーカーにとってゲーム市場の拡大につながることでしょう. NVIDIAは成長産業であるゲーム業界に関わりをもてることをとてもうれしく思います」とのこと. ちなみに、BRICsとは、ブラジル(Brazil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)の台頭する新興大国を意味する言葉だ. さらに、NVIDIAでも次世代機の家庭用ゲーム機の研究は進めているようで、「もちろん次世代の家庭用ゲーム機の基板の研究はすでにしています. おそらくいまのパソコンのハイエンドの機能がそのまま次世代に行くのでは… ということは想像がつきます. グラフィックチップを作れるメーカーは世界でも限られているので、ある程度の予測は立てられる. 次世代機が登場するのはいつになるのかわかりませんが、ハードメーカーがどれくらいのレベルのグラフィックチップを採用するのかは、だいたいわかってくるのです. ですので、PC上でその研究はしています」(飯田)とのこと. グラフィックまわりに関しては、プレイステーション3やXbox 360など、現行機でも十分満足できるレベルにあるような気もするが、その点に関しては「進化はまだまだ、どんどん必要です」と飯田氏. 課題のひとつとして飯田氏が挙げてくれたのが、処理能力のスピード化. たとえば、ピクサーが手掛ける映画のCGなどは、ひとつのフレームを制作するのに数時間かかる. ゲームはひとつのフレームを60分の1秒で制作しないといけないわけで、次世代機が実現する世界に注目が集まるところだ. [2012 International CES関連記事] ※マイクロソフトによるCES最後のキーノートでパルマー氏が熱く語る、PC版Kinectの発売も明らかに ※NVIDIAがプレスカンファレンスを実施、タブレット端末は”Tegra3″で魅力的なゲーム機になる! ※3D立体視対応の『Kinect スター・ウォーズ』や、『Kinect Rush: A Disney・Pixar Adventure』などKinect専用タイトルが人気 ※ソニーブースの注目株は、やはり北米で発売間近のPS Vita ※シリーズ最新作『アラン ウェイク アメリカンナイトメア』の謎に迫る ※Razerのコントローラ付きタブレット端末や、マッドキャッツの『ストクロ』専用ジョイスティックなど、最新ゲーム機器がお目見え ※マイクロソフトのキーパーソンに聞く「Xbox 360にはまだまだ成長の余地がある」 ※CESを席巻したのはやはりスマートフォン、ゲーミングコントローラからミキサーまで、おもしろアクセサリーを紹介.

エクスペンダブルズ2』

これぞアクション映画界のオールスターゲーム. 夢の共演. シルベスタ・スタローンがアーノルド・シュワルツェネッガーやブルース・ウィリスと3人横並びで銃をぶっ放すシーンで、ジャン=クロード・ヴァン・ダムとサシで勝負するシーンでどれだけ大興奮したことか! この映画こそ「夢の共演」という四文字に相応しい映画です! ネパールの山中でどれだけハデに暴れ回っているねん! というOPから、とにかく殺される敵の肉片が飛ぶ飛ぶ. まぁ 前作 の大ヒットで資金潤沢になったから映像もハデになるというこの上なく分かり易い単純さはさすがスタローン映画なんですけど、でもこのハデさがより消耗品軍団の豪勢さを後押ししてくれるんですよね. しかも今回は消耗品軍団の面々に見せ場を作るシーンが多いだけに、そこで肉片が吹っ飛んだりすると、狙撃手リアム・ヘムズワースが格好いい! ドルフ・ラングレンは完全に失笑担当になっている! 地味だけどテリー・クルーズとランディ・クートゥアは渋い! でも一匹狼のチャック・ノリスの方がもっと渋い! と、どのシーンも楽しくて仕方ないこと. ただジェット・リーがスケジュールが合わなかったのか、それともギャラの交渉が合わなかったのか、意味深なセリフを残して前半だけの登場というのはちょっと残念でしたし、リアム・ヘムズワースもヴァン・ダムの意味もなくただ見せたいだけの回し蹴りの餌食になって途中退場してしまうのも残念. でもそれを打ち消すかのように後半はアクション映画のオールスター揃い踏みによる怒涛のアクションシーンの連発. もうここからは 前作 以上に興奮が止まらないこと. 特にシュワルツェネッガー、スタローン、ウィリスがガンアクションでスリガラスを撃ち破ったシーンでは「石鍋裕・道場六三郎・陳建一の横並び登場を超えた夢の共演や~! 」と大興奮しましたし、またシュワルツェネッガーとウィリスが一台のミニカーに乗り大活躍するシーンでは「辻本夏実・小早川美幸コンビを超えたか~! 」とまたまた大興奮. そしてジェイソン・ステイサムの「ガチが一番いい」という対決シーンも平凡に見えるくらいに豪華なのが打撃技のスタローンと蹴り技のヴァン・ダムとの夢の対戦. これが映画ファンにはアントニオ猪木とモハメド・アリの異種格闘技戦以上に興奮すること. 普通に考えれば短い足で回し蹴りをするヴァン・ダムと間合いを詰めて連打撃に出るスタローンの勝敗なんて分かり易いものなんですけど、しかも丸腰の敵に対してナイフと鎖装備でケリをつけるなんて卑怯者ちゃうの? と冷静なツッコミを入れても、往年の映画ファンにはこれでいいんです. またそんな往年の映画ファンを喜ばせるようにOPでは「溶鉱炉で溶かすぞ」と言われ、中盤では自ら「I’m Back!」と再登場し、そして後半では「I’ll be back.」と言えばウィリスに「戻りすぎだろ! 」とツッコまれるシュワルツェネッガー絡みのネタも豊富ならば、また恋心を抱かれたヒロインとはお別れで終了なんてバーニー・ロスはジェームズ・ボンドでも目指しているのか? と思わせてくれるところも楽しくて仕方ないこと. てな訳で既に企画されている第3弾にはいったいどんなアクションスターが登場するのか、個人的にはそろそろアジアの帝王チョウ・ユンファ兄貴に登場していただきたいとも思えた楽しい映画でした. 深夜らじお@の映画館 はヒロインの役名がなぜマギー・チャンなのかが気になります. これは次作での出演予告か? ※お知らせとお願い ■ 【元町映画館】 に行こう.

ライブに声優トーク、キャラ登場と大?ナイキ エアジョーダン1盛り上

レベルファイブは、6月27日に東京国際フォーラムで”イナズマイレブン3 発売記念 ファン感謝祭”を開催した. 『イナズマイレブン』は、同社が展開する”収集・育成サッカーRPG”シリーズ. 7月1日には、その最新作であるDS用ソフト『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー(以下、イナズマイレブン3)』が発売される. “イナズマイレブン3 発売記念 ファン感謝祭”には、大反響により当選者を拡大し3,700名以上が招待された. 以下にイベントの内容を掲載する. なお、映画化やWii版の制作、『イナズマイレブン3』の最新トレーラーについては、 6月27日の記事 を参照のこと. イベント開始に先駆け、自称戦術アドバイザーの目金欠流(めがね かける)が登場. 集まったファンにイベントの諸注意を説明した. 大歓声に迎えられて壇上に登場したのは、同社代表取締役社長・日野晃博氏. 「こんなに大勢の方々に『イナズマイレブン』を応援してもらえてうれしい! 」と語った後、「皆さん、『イナズマイレブン』は好きですか? 」とファンに質問を投げかけた. 抽選で選ばれた3,000名から「好きですー!!」という返事が来ると、「今日は1時間40分の予定ですが、皆さんの応援次第では延長も辞さない覚悟です! 」と宣言. 楽しんでもらうために、社長自らが冒頭で延長を宣言するという珍しい幕開けとなった. 『イナズマイレブン』シリーズの生みの親であり、育ての親でもある日野社長. 登壇すると、ファンからは「日野さんありがとうー!!」という声も上がった. 現在の『イナズマイレブン』シリーズの状況を説明する日野社長. 前作『イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア/ブリザード』を使った大会・フットボールフロンティアの優勝者が『イナズマイレブン3』でプレイヤーキャラクターとして登場することを説明した後で、「本作でもイベントを行います. 優勝者は同様にゲームに出演できます」というアナウンスを行った. 来場者の中から抽選で、イナズマジャパンのメンバーとの記念撮影と、発売前のソフトをもらえる権利が贈られ、会場のファンはまさしく狂喜乱舞. また全員に声優のサイン入り台本と、円堂くんと豪炎寺くんのフィギュア付『友情のイヤホン』がプレゼントされた. なお、『友情のイヤホン』は後日発送される. ここで、作中に登場するキャラクターに続いて、ゲーム・アニメのOPテーマを歌うT-Pistonz+KMCが登場. TVアニメのOP曲『勝って泣こうゼッ! 』を披露した. 以前に行われたフットボールフロンティアで振り付けを指導していたせいか、集まったファンはメンバーと一緒に踊りを楽しんでいた. 会場とT-Pistonz+KMC、そしてキャラが一体となったオープニングライブ. 「勝って泣く」というよりは「うれしくて泣く」ほどの大盛り上がりだった. そして先日お伝えしたように、DS『イナズマイレブン3』の最新PVが公開された. “円堂守 伝説 最終章”と流れたシーンでも大きな歓声が上がったが、さらに盛り上がったのは、最後のシーンで鬼道有人がゴーグルを外すシーン. 日野氏は「このゴーグルを外すシーンもストーリーで描かれている」と説明. 加えて、これまで描かれたストーリーに区切りが付くような内容になっており、『3』ですべての謎に決着が付くことを明言した. 人気のキャラが最新映像に登場するたびに、悲鳴のような歓声が会場に響いていた. その中でも、ひときわ大きな声が上がったのは、鬼道がゴーグルを外すシーン. ストーリーが気になるファンも多いのでは!? 『スパーク』と『ボンバー』ではオープニング曲だけでなく、映像も違うものが用意されるという. 『GOODキター! 』と『元気になリーヨ! 』とともに、2つの映像が公開された. これまで「据え置きハードで開発中」とアナウンスされてきた『イナズマイレブン ブレイク』がWiiで制作中であることが明らかに. シリーズのキャラが集結するゲームになるとか. 福岡で行われているコンサートのため、会場には来られなかったBerryz工房からは、ビデオレターが到着. 彼女たち7人も『イナズマイレブン3』中に登場するという. なお7月14日には、TVアニメ『イナズマイレブン』のエンディングテーマ『本気(マジ)ボンバー!!』が発売される. ゲーム中だけでなく、『イナズマイレブン3』のTV-CMにも出演している中田英寿さん. 南アフリカ共和国で開催されているFIFAワールドカップの解説者として現地にいるため、中田会場には来られなかったが、中田さんのメッセージが読み上げられた. 中田さんが出演する2種類のTV-CMが公開された. スーパーシュートを見せてほしいという小学生にテクニックを披露するが、逆に小学生が必殺技を使って驚かせるというコミカルな内容に仕上がっていた. ここで、『イナズマイレブン3』でマップディレクターを担当した佐々木秀信さんが登壇. 日野社長も加わり、”必殺タクティクス”と”シュートチェイン”を細かく説明した. 日野社長によると必殺タクティクスは、育て上げたチーム同士が戦うと拮抗(きっこう)した試合になってしまうが、それ打破するために取り入れたものだという. 逆転するための要となるが、一度使うと10カウントの間は使えない上に、専用のゲージを消費する. このため使う場所が重要となりそうだ. 拮抗した試合を打破する戦術の1つとして考案された必殺タクティクス. これによって、試合終了のホイッスルが鳴るまであきらめずに戦える!? 佐々木氏がオススメしたのは、ボールをつなげてパスをしていく”ルート オブ スカイ”. 一体どこの国が使うのか? シュートチェインは、シュートをつないでいく新システム. シュート範囲内に、Cのついた必殺技を使えるキャラがいる場合、チェインする. 画像では”りゅうせいブレードV2″にチェインして”たつまきおとし”が発生している. 楽曲を提供しているT-Pistonz+KMCのKMC(ケムシ)は、シリーズを遊んでいるそう. 発売に先駆けて『3』をプレイしていることを明らかにした後で、「チェインさせるために、ゴール前にキャラを配置しておくと、オフサイドになってしまう! 」と感想を述べた. やりがいのある要素になっている分、威力もかなり高いようなので、使いこなせればチーム力がアップするだろう. →次のページでキャラがステージに! 声優陣によるトークショーも.

PlayStation 20年の軌跡”を

12月11日(木)発売の『電撃PS Vol.580』は”電撃プレイステーション20周年”を記念した超特大号! プロダクトコード20連発をはじめ、さまざまな記念企画を掲載しています. そんな数々の記念企画のなかから、今回紹介するのは、初代PS発売から今までをプレイバックした”PlayStation20年の軌跡”. 1年ごとに1ページ×20年ぶん=計20ページ超の大特集で、PlayStationの歴史を振り返るのに最適な内容となっています. 電撃PS編集部で20年間を振り返る座談会を実施し、そこで語られた内容をかけあい形式で掲載. 1年ごとに振り返っているので、20年ぶんともなると座談会の時間も膨大に! 収録時間はなんと8時間近くかかりました. また、世間一般の出来事も含めた、その年の年表、今年の漢字、流行語大賞、PS Awards受賞作などもあわせて掲載しています. 20周年の記念号にふさわしい今回の特集で、歴代ハードや名作ソフトの歴史とともに、当時の様子をなつかしんでみてはいかがでしょうか. “PlayStation20年の軌跡”特集 ~ 各年の掲載内容 ●その年に起こった主な出来事(年表) ●その年を代表するPlayStationのキャラクター ●その年に流行したもの(“今年の漢字”や”流行語・新語”など) ●その年についての電撃PSスタッフによる座談会 ●その年のPS Awards受賞作品 ●その年の電撃PSで掲載した、岩瀬さとみさんの4コマ漫画 上記のなかで特筆すべきは、岩瀬さとみさんによる当時の4コマ漫画. その年のPlayStationの情勢がわかったり、今あらためて読むとおもしろかったりといった、珠玉の4コマをピックアップして掲載しています. 電撃PS Vol.207より 12年前(2002年)の電撃PSに掲載された、当時の4コマ漫画. SAO』一番くじUGG クラシックミニのドラマCD収録現場より 当時と今では、4コマ漫画を読んだ印象も変わります. さらに”電撃PSも20周年”ということで、特集の最後では、電撃PSの20年を振り返ってのまとめ座談会も掲載. こちらもぜひご注目を! 上記の企画ページはもちろん、ゲームの最新情報からプロダクトコード20連発まで、今号だけの特別企画も盛りだくさんの『電撃PlayStation Vol.580』は12月11日(木)発売! 電子版もBOOK☆WALKERやReader Store、Kindleで同日発売ですので、こちらもぜひお試しください.

レオナールの新クリエイティブ・ディレクナイキ エアフォース1タ

仏ブランド「レオナール」は、8年間に渡りクリエイティブ・ディレクターを務めたヴェロニク・ルロワの後任として、新クリエイティブ・ディレクターにマキシム・シモアンスを任命した. マキシムによる「レオナール」のファーストコレクションは、2012年3月に発表される予定だ. 「レオナール」のダニエル・トリブイヤール社長は、マキシムについて、「マキシムの才能には、非常に敬服するばかりです. 彼の若さと クリエイティブな刺激は、50年以上に渡りグローバルブランドとして存在する、この家族経営の会社の発展に向けて大きな財産となるでしょう」と、『WWD』紙に語った. マキシムは、バレンシアガやジャンポール・ゴルチエ、クリスチャン ディオールで経験を積んだ後、2009年に自身のブランド「マキシム シモアンス」を設立. マキシムのデザインは、流れるようにフェミニンながら、構築的なフォルムで知られており、2011年1月には、 パリのオートクチュールコレクションにデビュー した. 同ブランドは、ブレイク・ライヴリー、レイトン・ミースター、レイチェル・マクアダムスらに愛用されている.

戦国X』の事前登録応募数と、iOS用体験

リアルスタイルは、『戦国X』の事前登録応募数と、期間限定体験版アプリ『戦国X ~ 序章』iOS版のダウンロード数がそれぞれ1万を突破したことを発表した. また、事前登録でもらえる特典が新たに追加された. ⇒『戦国X』攻略wikiはこちら ※以下、メーカー様からの情報をもとに記事を掲載しております. 株式会社リアルスタイル(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 小松 清志、以下「リアルスタイル」)は、「戦国X」(センゴククロス)の事前登録応募数と、期間限定体験版アプリ「戦国X ~ 序章」(センゴククロスジョショウ)iOS版のダウンロード数がそれぞれ1万を突破しました事をお知らせいたします. 『戦国X ~ 序章』ダウンロードサイト(AppStore) https://itunes.apple.com/jp/app/zhan-guokurosu/id878050699 『戦国X』公式サイトURL http://stratusteam.com/ 事前登録特典を追加いたしました おかげさまで『戦国X』の事前登録応募数と、期間限定体験版アプリ『戦国X ~ 序章』のダウンロード数が1万を突破いたしました. この度戦国X運営チームではみなさまに感謝の意を込めて、事前登録の特典を追加させて頂きます. 当初ご用意しておりました事前登録応募特典に加えて、今回さらに、R(レア)以上確定ガチャチケット5枚を追加させて頂きます. 現時点で確定している事前登録特典は下記の通りです. 事前登録 特典1 SR織田信長 事前登録 特典2 1万人突破特典: 小判300枚、R(レア)以上確定ガチャチケット1+5枚(=合計6枚) さらに多数の事前登録応募を頂いた際は、別途さらなる特典の追加を検討しております. 戦国X運営チームでは6月下旬に予定している正式版『戦国X』公開に向け、鋭意開発を進めております. 現在公開している体験版アプリ『戦国X ~ 序章』よりも格段にバージョンアップし生まれ変わる正式版『戦国X』をご期待くださいませ. 通常ガチャでは入手出来ない、尾張のうつけ者と呼ばれていた頃の、若かりし頃の織田信長を事前登録頂いた方全員に特別プレゼント.

ミルク』ミルク』

とても優しい映画. それが見終わった後の素直な感想でした. ショーン・ペンが2度目のオスカーを受賞したことで注目されているこの映画ですが、個人的にはゲイでもあるガス・ヴァン・サント監督の、まるで本当に好きな人を優しく見守るかのような演出力に心底驚かされた作品でした. アメリカ史上初めてゲイであることを公表して公職者になったハーヴィー・ミルクが48歳で暗殺されるまでの最後の8年間を描いたこの映画. これまでゲイ映画といえば 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』 などのようにゲイパワーで強く主張する作品が多かったのですが、この映画は終始「こんな活動家がいたんですよ」と優しく教えてくれるような雰囲気が漂っている映画なんですよね. ですからゲイというだけで言われ無き偏見を受けてきたことに対する怒りよりも、純粋に一人の活動家の信念を過去のニュース映像などを巧く用いて丁寧に見せているところが本当に素晴らしく、これまでゲイに対して偏見を持ってきた人にさえも門戸を開くようなその心の大きさは、まさにこの映画で描かれているハーヴィー・ミルクの信念と同じ. 誰にでも愛をというイエス様のような温かさを感じましたよ. そんなハーヴィー・ミルクを演じたショーン・ペンは本当にオスカー受賞に相応しい演技でした. もちろんジェームズ・フランコやエミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリンといった俳優たちもEDロールの実在人物の写真とそっくりで素晴らしかったのですが、ショーン・ペンに関しては本当に彼自身がゲイであるかのように、一挙手一投足全てがそう見えてしまうんですよね. これは本当に凄かったです. そしてこの映画を見て思うのはマイノリティなんて所詮は偏見が生み出している幻想にしかすぎないのではないかということ. というのも一般的にゲイはマイノリティと言われていますが、あのカストロ地区では間違いなくマジョリティです. これは関西人が東京へ行けば少数派でも大阪では大多数派であることと同じで、時と場所が変わればマイノリティもマジョリティも関係ないんですよね. 要は自分に正直に生きれない人がクローゼットの中から出れない自分自身を隠すためにマイノリティと呼ばれる人たちを差別しているだけで、自分と同じような人は世の中のどこかに必ずいるものなんですから、マイノリティとかマジョリティとか気にする必要なんてないはず. でも世の中は弱い人だらけだから差別がなくならない. だったら誰かが声を上げて自分と同じ人を集めればいい. 自分と同じ人たちが全米から集まればそれは大きな力となり、ボイコット運動もできるし、街中を行進することもできる. そして車椅子の少年にも生きる希望を与えることができる. それを体現したハーヴィー・ミルクの信念が今もなお生き続けているというあのEDロールには感動してしまいました. どんなことがきっかけでもいいからマイノリティの人たちに耳を傾けることの大切さ. それこそが偏見をなくす一番の特効薬. 銃を持つ手を拡声器を持つ手に変えれば世の中も変わる. そんな優しい強さというものを感じた映画でした. まさに「ミルクは死すとも希望は死せず」でした. 深夜らじお@の映画館 は牛乳を飲むとよくおなかを壊します.

人気漫画家が原稿料と印税を暴露!

さー、 漫画家・佐藤秀峰 先生のお給料出てしまいました. これも凄い話で. 1P「10,000円」てホントすか? ! 『ブラックジャックによろしく』 や 『海猿』 、 『特攻の島』 などの漫画で絶大な人気を誇っている漫画家・佐藤秀峰先生が、原稿料や印税、年収、アシスタントの給料の額を暴露した. 漫画家自身から原稿料を暴露することは異例である. 先生は 「僕は今、年間450ページ程の原稿を描いていて、原稿料にすると、約1600万円をいただいています 」とコメントしており、結構なお金持ちだと思うのだが、実際はそうじゃないらしい. その原稿料と印税の額は以下のとおり. 作品名: 『海猿』 原稿料: 10,000円(1枚) 月産枚数: 80枚 / 800,000円 作品名: 『特攻の島』 原稿料: 25,000円(1枚) 作品名: 『新ブラックジャックによろしく』 原稿料: 35,000円(1枚) 企画料: 150,000円(1話) 印税に関しては、「 単行本の定価の10%が作者に支払われます 」とのことで、本の価格が500円から50円、400円なら40円ということになる. 100万部売れると五千万円に!? しかし「 少女誌などでは、印税率が8%、9%という作家さんもいらっしゃいます 」ともコメントしており、低い印税率で描いている人もいるようだ. ※「 未来検索ガジェット通信 」より抜粋(部分略) 佐藤先生の発言の是非は別. ※ただ、 「海猿」 も、映画よりドラマより、原作がいいから是非読んでみてほしい. で、問題のお給料の話. そうなんですよね. 日本は、昨今の「 著作権問題 」もそうだが、「 会社や組織が儲かる仕組み 」ではありますよね. 外国だと、クリエイターさんはスッゴイおうちに住んでたりしますけどね. ぼくもお仕事で、大御所先生のおうちに行くことあるんですが、確かに、普通のおうちより全然大きいおうち住まれてますけど、出版社さんみたいな、「お城」ではないなあ. でも、出版社にいた経験からもモノを申すと、出版社側の努力というのも、とてもあって. 商品を、一件一件、足を棒にしながら、「置いてください! 」「○○出版さんの代わりにとにかく 『棚を! 棚をください! 』 」の営業さん. お客さんと作家さんの間で(通常ここで、作家さん寄りになることが多い)、心を鬼にし、中庸を守って、厳しく、愛をもって、 「ボツ! 」を宣告 する、よい作品の「 助産婦さん 」たる編集者さん. これらはね、尊く、重い仕事なんですよ. 実は. 例えば、「 20世紀少年 」や「 YAWARA! 」「 PLUTO 」の 浦沢直樹 さんと20年以上コンビを組む編集者、 「 長崎尚志 」さん について、NHKのトップランナーは以下のようにまとめる. 日本で数少ない、フリーの漫画編集者・原作者である長崎. 漫画家と本気でアイデアをぶつけあい、二人三脚でストーリーを作り上げる「陰の仕掛け人」として、企画やシナリオ制作、宣伝戦略まで「絵を描く以外すべてに関わる. その長崎が20年以上前から付き合い続けるのが、漫画界のスーパースター・浦沢直樹だ. 打合せは、まさにふたりの魂のぶつかり合い. その長崎が常に胸に刻むのは、漫画家と同じ 「愛と覚悟」 をもって作品作りに臨むこと. 世界で最初に漫画を愛し、そして世界でふたりだけでも「面白い」と信じ抜く覚悟 がなければ世に送ることができないと、長崎は考える. ※「プロフェッショナル~仕事の流儀」 愛と覚悟のヒットメーカー /より抜粋 熱すぎる! まさに作品を創る仕事は「 出産、子育てと一緒 」! そうなんだよなあ. 愛の共同作業 だもんなあ. もちろん、愛も大事だけど、 お金も同じぐらい 大事 ですけどね. 確かに、作家さんもうちょっともらってもいいのかな. 長崎さんもフリーだし. と、デザイナーさんへのお支払いのカツカツな社長が言ってみますた(笑). えーと、週初め月曜日、カッコよく終わらせたいので(笑)、長崎さんの「プロフェッショナルとは」のコメントで〆ます. お金もいいけど、マンガも好きだけど! とにかく、前だけ向いて全力プロフェッショナルな月曜日! がんばりましょー.